画像形式のきほん:GIF、JPEG、PNG

起業女子の皆様!こんにちわ!
前回は、ヘッダーを作るときはPNG(ピング)がいいよ!
と、結論から話してしまいましたが、
Webで使う画像形式について今更ですが説明です!

GIF (ジフ)
イラスト、アイコンなどラインのクッキリしたもの向き
色:256色(8bit)まで なので、写真のようなモノは不向き
透過可能(後述)
特徴:GIFアニメーション(GIFアニ)と言われるアニメーションの画像が作ることができます。
これです → 
スゴイのもあって。映像みたいです↓
すごいGIFアニ。「Cinemagraphs」がオシャレ

アニメーションを作れるのはGIFだけです。

JPEG(ジェイペグ)
写真の保存形式でよく知られていますよね!
1670万色(24bit)(フルカラー)を表現できます。
「明るさの変化に比べ、色調の変化には比較的鈍感」という人間の目の性質を利用して、 色調変化の部分のデータを捨てることでファイル容量を小さくしています。(不可逆圧縮)
そのため、文字やラインがはっきりしたものがにじんでしまいます。
透過不可

PNG(ピング)
1670万色(「24bit」「フルカラー」とも言われます)を表現できます。
画像の劣化はありませんが、(可逆圧縮)JPEGよりデータが大きくなります。
文字と写真を混在させるような場合は、こちらを選んだほうが無難でしょう。

でも、やっぱりデータが大きすぎる!場合は
8bitのPNGにすることもできます。
256色表現になるので、細かい色までは表現できなくなます。
256色だったら、GIFと同じじゃん!と思われるかもしれませんが、
こっちのほうがファイルサイズは小さくなります。

フルカラーのPNGをPNG-24、256色のPNGをPNG-8 といい、保存形式で選ぶことができるソフトもあるので参考まで。拡張子は両方.pngです

透過可能、さらに半透過可能とは!
左:GIF 背景を透明化してます。
中:JPEG 透過できません。
左;PNG 背景を透明化。さらに本体を半透明にしています。
下はイメージ図です。

関連記事

メルマガ登録はこちら!

東京起業女子Webスクール
メルマガ読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
ページ上部へ戻る